きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

あらためて伝えること

   

こんにちは。
昨日は午前中に干してた敷布団が吹っ飛んだり、
夕方にスーパーから出たらふぶいてたりと、
1日のうちに天気の変化が激しくて驚きましたΣ(゚Д゚)
そして、まだまだ寒いーー!!
どんなに風が強くても、商店街はオープンなお店が多いので・・・
うちのお店みたいにドアの仕切りがないお店は・・・
正直、辛いッス!!(笑)
午前中は家の事をして、午後からお店にいることが多いのですが、
午前中には遠方からのお客様が多いと両親から聞きます。
そうやって、うちのお店に目がけて来てもらえるのも嬉しいですが、
それ以外の時間はやっぱり素通りの方が多いですよね( ̄▽ ̄)

蛙の子は蛙かな?

先日、主人と話してたんですが。
上の子(高校生)が、行き慣れたお店には平気で1人で行けるけど、
初めてのお店になると1人じゃ行きたくないって言うって話。
「そんなん、取って食われるわけじゃないんだから、
 思い切っていけばいいじゃんねぇ?」
って、他人事で話してたんですがどうやらわたしもらしい。

主人と

気になってるお店があっても、なんだかんだ言い訳して
なかなかお店に入って見る事がないじゃん!!って(笑)
わたし似か!!上の子はわたしに似てるんか!!

ドアがあってもなくても

うちのお店もドアがなくてオープンなお店でも、
もしかしてなかなか入りにくいのかな。
両親の考えでは「用があるからお店に入って来る」、
でも、どんなお店でどんなものを扱ってるか分からないから
お店の中をグルッと見たくなる。
見てたら声をかけられる、居づらくなる・・・
のかな?って。

お店の入り口

お店の様子は見ないと分からない

と、いうことは、
見慣れてしまっているわたしたちお店の人間が見える風景、
初めて見るお客さんの風景ってちがうんだよね?ってこと。
はっきり言って新商品は少ないお店です。
お客様から注文があってから、入荷をしたり考えたり。
そんな方法を取る事が多くなってきたのは確かです。
だって、在庫を増やしたくないもの。
食べ物の在庫と違って、期限がない商品だけど
購入してもらう機会がいないと在庫として置いておく。
常連さんからはどこにどんな毛糸があるって、
認知してもらえてるけど、まだ来たことのない方は?

どんな商品があるか伝えること

ネット通販をしてないうちのお店は、
お店に来てもらって触ってもらって、
選んでもらって気に入ってもらって購入してもらう。
「昔の毛糸があるから恥ずかしい」って
両親は話します。
あるメーカーさんからは、
「博物館みたい」なお店と感想を聞きました。

いろんな毛糸

それだけ父が気に入った商品を
丁寧に販売しています。
だから、なかなか在庫も減りません(笑)
たぶんこれからもちょっとずつしか減らないかな。
ガンコなんで(笑)
ブログ以外のSNSでお店の様子を更新していますので、
そちらもご覧くださいね♪

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - お店のこと, ブログ , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。