きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

ダブルのお祝い〜続き〜

   

魚と屋さんから歩いて「渡辺水産」さんの2階の食事処へ。すっごい冷たい風と、すっごい強風で、風除けの松が変な音を立てて揺れてました。聞いたことがないような、ビョ〜ビョ〜の大音量でした…。

そんな中でたどり着いた渡辺水産さん。

みんなして、それぞれ頼んだら机いっぱいになりました(笑)

いつも余部に来たら寄るけれど、食事は時間がなくて毎回お土産を買うだけでした。念願の食事だった主人はご満悦です。

これでおしまいかと思いきや!

行きに買ったケーキあります!

以前泊まった時に、夕飯のデザートとして頂いたケーキが忘れららなくて。

今回はちゃんと4人で主人の誕生日お祝い出来て、主人も満足そうでした。

大浴場で疲れを癒して、翌日は…

余部橋梁へ!!

からの、山の中の歩く遊歩道2時間越えコースとなりました…

何年か前にも歩いた遊歩道。その時は夏だったかな…。ヒーハーでした。

今回は冬!しかもわたしは花粉症!マスク着用!酸欠になるか、メガネも曇る!そんな中をついて歩きました。

1つ目の展望。列車が来る時間を見ながら、3人とも歩くの早いから!!

そして次!!

港が見える場所まで移動。

展望台から横に逸れた道を進んで行きました。

鎧駅に行くのとはまた違う道。

結構な傾斜の階段を降りたら見える風景です。

ギリ列車が分かる距離でした…頑張った!

スマホではギリです。

そこからまた来た道を戻って、1.55㎞歩いて鎧駅に出て、遊歩道は終点です。

波が岸壁へ当たって白波が激しく立つ様子がよく見えます。

以前読んだことがある、松本清張のゼロの焦点のイメージの風景が重なるようです。いや、もっと荒波でしょうね、船が見えたり見えなかったりするくらいですものね…。

鎧駅は通過なので乗れません…

この後、また来た遊歩道を歩いて帰りました。さすがに足が上がらなくて、何度もつまずきました( ̄▽ ̄)相棒の杖(枝)があってよかった…

決してまっすぐじゃないといけないこともない、杖。あるだけで本当に助かった、杖!また誰かの支えになっておくれ!

もう誰も余部駅へ登る坂道を選ばなかった…エレベーターで空の駅、余部駅へ。またまた「はまかぜ」を見送って今回の旅行は終了!!

…のはずでしたが、そう簡単に終わらなかった!

まさかのインキー!!

まさかのJAFさん!

なかなか開け辛いメーカーだったようで、四苦八苦しながら1時間以上かけて開けてくだいました。

カニっこ館もコナン記念館も諦めたけど、関金温泉だけは疲れた体を休めたいので譲れなくて…閉館40分前に受付済ませて、速攻で入って日付変わる頃に尾道へ…!!

4人揃っての旅はしばらくないかな?とかなんとか言いながら、やってそうだけどとにかく色んなことがあった1泊2日でした…

しばしの別れ。

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - ステキなこと, 店員1年生, 思い出, 楽しいこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。