きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

聞いてもらうことも大切だと知ったこと

      2018/04/06

こんばんは。尾道の本町センター街のきそ毛糸店の
見習い店員の理恵子です。
昨夜から久しぶりに雨の音を心地よく聞いています(‘◇’)ゞ
花粉症も少しラクかな?

今日は4月1日、いろんなことが始まる日でしたね。
私はと言えば・・・
昨夜の久々の友人との2人飲みで、飲み過ぎまして・・・
酔い覚ましでウトウトしてたら、気付いたら4時だったという、
そんな始まりの4月1日でした。

毛糸屋さんの見習い店員しているのに、こんなことブログに書いても
いいーんかいって少し前の私なら思ってたと思います(‘◇’)ゞ

息子と2

でも、先日の岡山でのセミナーで教わったから。

そんな、誰も見てないって。

だから、どうしても書きたい事があるんです。

この時期に、本当に悩んでる人に。

不登校で悩んでる人に。家族に。

新学期、新学年が始まると不登校も始まる時期なんです。
行けなかったら、本人(子ども)よりも親が凹むんです。
「私がいけないんだ。私がちゃんとやってないからいけないんだ」
そう思い込んでしまって、家族も巻き込んで暗い雰囲気になる、
そんな時期なんです。

私の上の子は不登校児でした。中学1年生の後半からずっと。
休み始めてすぐに、担任の先生から勧められたカウンセリング。
最初はただただ誰かに話を聞いて欲しかった。
それだけ。

先日、上の子がお世話になった先生へお礼をするために、
適応指導教室へ行きました。

そこで、文部科学省全部の市に、
不登校児のために必ず適応指導教室を設けてあるって聞きました。
尾道の場合は、千光寺に1つだけあります。
ただ、尾道は島もあります。橋を渡ったり渡船を使ったりして、
通わないといけません。
上の子みたいに、自転車や徒歩で通えない不登校児もたくさんいると思います。
でも、たとえ1週間に何日かでも家から出て、家族以外の誰かと話す・接触する。
それだけでも、かなり違うんです。
その分、本人はかなり疲れます。
翌日は家でゆっくりしてるかもしれません。

その、適応指導教室へ通うまでに上の子は1年かかりました。
最初は拒否してました。
でも、カウンセリングは受けてました。
子どもと家庭についての相談援助を行う専門機関
そちらへはずっと通ってました。
毎月1回。
親も心配事を話す。
本人(上の子)も、ポツポツ話す。
最初はそれでもいいって思いました。
途中から私の気の持ちようや、息子にかけるコトバの使い方。
不安に思うことを全部話してました。

お陰で、私だけに貯めこむことはなくて、毎回毎回話を聞いてもらえるので、
本当によかったと思います。

なので、不登校で悩んでる家族の皆さん、
自分だけで溜めこまないで、お子さんだけじゃなくて、自分も、
しっかりカウンセリング受けてみませんか?
不安なことは、ちゃんと連携もしてもらえます。
学校と連携してもらえることもあります。
本人に合った施設を紹介してくれることもあります。
息子の場合は、適応指導教室でした。

毎月1回の調理実習や、学外講習。
最後は、息子よりも年下の子たちと話しかけたり、
一緒に行動してみたりしてたそうです。
中学校へは通えないけど、適応指導教室で先生に教わりながら勉強も。
ちゃんと卒業式へ参加出来るなんて思ってなかったですが、
今回、参加出来ました。

いろんなパターンがあるとは思います。
うちの息子のパターンもまた、特別なのかもしれません。
でも、家にいたらずっと同じなんです。
ちょっとだけ、毎月1回でも違う空気を入れるような感じで、
参加してみてもいいかもしれません。

私は専門家ではありません。
でも、同じ悩みを持つ親御さんが、少しでもラクになれたら。
かといって、同じ悩みを持つ者同士で、傷をなめ合ってても、
前には進みにくいかも。
ちゃんと専門の方に、カウンセリングを受けた方が前に進みやすい。
そう思います。

新学期が始まって、お子さんの様子がいつもと違っても、
どうか自分を責めたりしないで。

私は「息子は充電してるんだ」と言い聞かせてましたし、
周りに話してました。

ちょっとでも、お役に立ててたら嬉しいです。誰も見てないけど、伝わりますように。

 

Twitterもしています♪→@itoko420

instagramもしています♪家族が鉄ちゃんなので、

毛糸&鉄&毛糸です→@itoko420

フォローしてみてくださいヽ(^。^)ノ

Twitter でフォロー

 - 叫びたい時, 思い出, 番外編, 自信がないとき, 見習い店員 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。