きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

忘れられないほぼ初めての接客

   

こんばんは。
これから6月になろうというのに、すでに夏日なんて。
テレビから流れるのを聞くと、真夏がどんなになるか・・・(+_+)
しっかり食べようって思います(‘◇’)ゞ

尾道の本町センター街のきそ毛糸店の
見習い店員から店員の理恵子です。

夏になるともちろん気温も高くなるので、毛糸は触る気がなくなるというか、
違うものを触りたくなるものです。
冬にはニット製品を見かけるだけで暖かく感じるのと、反対のことが起こります。
なので、マイナスなイメージが付いて・・・るんだと・・・
店番をしながらヒシヒシと感じます(笑)
そんな中、先日女子高生が勇気を振り絞って(そう見えた)、
お店の奥まで来てくれたので、声をかけました。

何かを探してるように見えたので、声をかけました。
マフラーを編みたいと。
色も決まっていると。
編み物の経験もあると。
フムフム。
わたしなりに、お客さまの情報を収集してみました。
雰囲気で「決めた!」って感じに見えました。
でも、それを感じてわたしの方はグーーーッと不安になってきました。
わたしの情報収集の結果だけで大丈夫なのか。
タイミングよく、創作ニットきそ(毛糸店の向かい側のお店)の方から
母がやってきたので、確認のために情報を伝えると・・・

女子高生が選んでいたのは、赤と白の毛糸。
その赤を見たら女子高生に持ってもらってお店の外へ出ました。
「そうか!蛍光灯の色で判断したらダメなんだ!」
色も最終決定しました。
でも、学生さんだよねと母と相談。
買いたい個数だけの値段を伝えて、編みたい物の本も見たい事を伝えて、
すぐに買うかどうかの判断をしないでいいよと説明しました。

純毛は優しい色合いが多いです~

まだ見習い店員になり始めた頃、似たことがありました。
いろいろアドバイスしたけど、こちらの熱意に押され過ぎて(笑)、
って結局編むことなく去っていった女子高生・・・。
その時は、予算のこととか聞くこともなくて。
編みたいなって思う学生さんはいるんだけど、
純毛毛糸の値段とかあんまり知る事がないから、
びっくりするよねと思ったわけです。

ちゃんとしたものを使ってると、やっぱり値段が高くなる。
手芸店の感覚で値段を見たらびっくりするかも。
倍以上するからね、1玉。
輸入糸は1.5倍とかします。その分、おしゃれで素敵な糸もあります。

まだまだ少ない会話で情報収集して、どんな気持ちなのかとか、
どこで悩んでるかとか、気付いていきたいと思います(‘◇’)ゞ

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

きそ毛糸店のFacebookページはこちらです(‘◇’)ゞ

Twitterもしています♪→@itoko420

instagramもしています♪家族が鉄ちゃんなので、

毛糸&鉄&毛糸です→@itoko420

フォローしてみてくださいヽ(^。^)ノ

Twitter でフォロー

 - お店のこと, 店員1年生, 思い出 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。