きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

AIみたいな手

   

こんばんは。
しばらくブログの更新を休んでる間に書きたい事は
何個かありました。
その中の一つが、AI。
ネットのニュースで、ついにNHKのニュースを
AIが一部読み始めると書いてありました。
ロボットだけど人みたい。
人のようなロボット。
わたしのなかでロボットって、家族の影響でイメージがあります。
それは、機械化人間。
ほら、あれですよ。
銀河鉄道999に出てくるヤツですよ!

父がよく話すんです。
どんどん編む人は少なくなるって。
売る側がこだわり過ぎてるのもあるけど、
編む側はそんなに純毛にはこだわりがないんですよね。

いつか、純毛毛糸専門店はなくなって、
手芸でも編み物でもなくなって、
作る事、ハンドメイドってひとくくりになって。
そこでAIが登場して、
「あなたの祖先の林理恵子っておばあちゃんがいて、
そのおばあちゃんの編み方をこれからアップデートするから、
おばあちゃんが編んだみたいなベストが出来上がるよ」
・・・みたいな。
だって、指先の繊細な動きだってきっと再現出来るように
なっちゃうでしょう?
なんでもアップデートすれば・・・って。

母に上の事を「そうなるかもね~」って話したら、
恐ろしいこというのやめてぇって(笑)
今はアニメの延長線上で、
恐ろしいかもしれないけど、
もう何年後かには・・・

機械化人間が生身の人間にはなれないけれど、
機械化人間のもってない気持ちを込める事とか、
誰かの事を思って編む事とか、
編む度に少しづつ上達していくこととか。

このブログを書きながら、わたしの手をまじまじと
見つめていました。
この、どーってことない手も
機械で再現しようとしたら、
とんでもないくらいお金がかかって
技術も必要になって
とてつもなく賢い人が何人も束になって
やっとン十年後に片手が出来てるのかも。
だったら、不器用だけど今のうちに編もうか。
手を動かそうか。

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - 叫びたい時, 番外編 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。