きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

尾道を見渡せる展望台へ

   

こんにちは。
まだまだ鼻声からスタートの5月最終週です。

そして、程よい疲れがまだ取れない体です。

どこへ行ったかと言うと、こちらへ。

尾道市の中心部から歩いていける範囲にある、浄土寺。
その浄土寺の裏に山があり、そこには展望台があります。
前は浄土寺の近くに住んでいて、窓から見上げると展望台が見えました。
前の家に住んでた頃、主人と息子たちが何度か展望台までの山道を歩いて登ってました。
花粉の時期真っ最中だったり、真夏だったりして、
危険を感じて参加してませんでした(笑)
でも、今回は大丈夫かも?と思い参加。
まぁ、バッチリ鼻声で咳も止まってなかったですが、体は動きたがっていたので。

写真撮り忘れましたが、浄土寺の境内を右に抜けて…

左に曲がると、「健康への100選」という看板とともに、山道がどーん!と見えてきます。

木々が明るさを遮ってて、なんか出そう、なんか写りそうと不安になって、
ここではあえて撮りたいなんて思わなかった(笑)

主人も下の子も慣れたもので、スタスタ進むのをマスク着けたわたしは、
ヒーヒー言いながら着いて歩きました。

時々開ける、ご褒美。

またまだ半分も行ってなくてこの眺め。

すでに汗だくです(笑)

ね、グッタリしてるでしょ?

いく先々でお地蔵様が待っててくれます。
主人と下の子は、そのお地蔵様の念仏を唱えながら、グングン前へ進みます。
わたしはいっぱいいっぱいで、チラッと視線を送るだけ…

そして、わたしの中では半分目的が叶ったようなもの。
前の家が見える場所へ。
窓から見上げると、人が動いてるのが分かる、岩の展望台。
ギリギリ肉眼で手を振ってるのを確認した記憶があります。

あるね!前の家!と、確認中。

それから大きな不動明王が彫り込まれた岩の前を通り、奥の院へ。
すると、先客がありまして。

上の子が年上の友だちと一緒に、列車を狙ってました。
聞くとレール輸送とのこと。
一緒に見てみました。

見えるかな。
一デジとスマホじゃ違いすぎますが( ̄▽ ̄)
彼らは車でやって来たと!
頑張って〜って、颯爽と帰って行きました。
あと少し!
本当に少しでした。

着いたーー!!

蚊よけのためにジャンバー着てましたが、
よかったか悪かったか、汗だく。
下半身はストレッチ素材のスポーツスーツ系を履いて歩いたためか、
そんなに足には響きませんでした。
30分以上涼んで、キヤと呼ばれる列車を確認して帰りました。

分かるかな?
帰りは下り、あっという間に民家の間に出て、先ほどまで見下ろしてた場所へ戻りました。
登ってみて感じたことは、やっぱり尾道って
カメラで収めたくなる場所だなと。
船が動き、列車も走る。海と山とが近くて。
なかなか登るのは体力使いますが、癖になりそうな、そんな場所でした。

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - 店員1年生, 思い出, 番外編 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。