きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

おじさん、ありがとう

   

またまた間が空いてしまいました・・・申し訳ないです。今回だけは、どうしてもブログとして残しておきたい気持ちになりましたので、少しだけお時間頂きますね。

父は5人兄弟の一番末っ子です。その兄弟の、すぐ上の兄であるおじが他界しました。4年前から療養中でした。木曜日には度々お見舞いに出かけてました。父もすぐ上の兄だし、近くに住んでる唯一の兄弟だったので気にかけてました。

父の兄弟は、わたしが小さい頃から強烈に・・・恐ろしい存在でした(笑)

・・・あ、おじちゃんの靴がある・・・!!ただいま・・・

「声が小さいーー!!聞こえん!!やり直しぢゃーー!!」

とか(笑)。

車の免許を取って車を運転始めた頃には、駐車する時はおしりから入れろ!と。頭から突っ込むのはダメだと。おじと約束したので、よっぽどのことがない限り、わたしの駐車スタイルはおしりからです。

そして。

三次から尾道に転勤が決まって、家を探す・決める作業の時には、物件を相談したりアドバイスをもらったり。わたしの息子たちには孔子のはなしとか、宿題をしっかりしないと!とか、学校は楽しいかとか、すごくすごく心配してくれました。ちょうど上の子の不登校の時には、いろいろ調べてくれて会うたびに話してくれました。

思い出は数えきれません。感謝しきれません。

10月31日に最後のお見舞いに行きました。両親とわたしと、わたしのすぐ下の弟(介護職)も一緒に行きました。いつも身の回りの事をお世話いただいてる方に、体調の説明を受けて。よくないけど、すぐ危ないということもないかもしれないし、もしかしたらそんなに長くないかもしれない。経験のある方でも難しい状態だと教わりました。帰りの車の中で、弟の意見も聞いて年は越せるかなと話してました。だけど、翌日でした。11月1日に永眠しました。

4年前のお店の前での様子

尾道は11月1日から3日まで、ベッチャー祭があります。なので、渋滞に巻き込まれないように、早めに移動しようねとか打ち合わせもしました。おじの家のある長江通りは、例年他府県ナンバーの車を含め、いろんな車がカーナビで案内される道です。今回もよく混んでました。そして、さっきまで曇りだったのに、小雨が降り始めてました。おじが泣いていると思いました。4年間の療養から解放されて、ホッとした涙かと思いました。

父の兄弟も揃い、親戚も揃い、一番お礼を伝えたい息子たちも揃って、みんなでお別れ出来ました。主人も出席してくれたので、林家は勢揃いでした。最後のお別れの時、4人でありがとうございましたと伝えられたのはよかったと思います。

そして、毎年ベッチャー祭りにはおじのことを思い出すことでしょう。

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - 店員1年生, 思い出, 番外編

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。