きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

思い出の北斗星へ泊まる

   

23日に止まった「トレインホステル 北斗星」。

なんでまた「北斗星」にこだわったのかというと…新婚旅行で北斗星に乗って、北海道へ行ったからです。

新婚旅行って、海外へ行くのがほとんどだと思うんですが、主人にも「イギリス行ってみたい」と話したんです。でも、いつでも行けるじゃん?って。ん?と思ったけど、どうしても乗りたい寝台列車があるんだって。いつまで走ってるか分からないから、乗りたいんだって。

北斗星の写真を撮ってたおじさんに撮ってもらったんですが、残念なことにヘッドマーク入ってなくて…今なら「なぜ入れてないかなぁ」とかひどく凹むところですが、まぁ車両入れてくれる方を選んでくれちゃったんかな?と。

こうやって見ると、主人のリクエストに沿っといてよかったかな?と思います。

そんな経緯があって、また泊まれるなら行ってみたいな!と。テレビでホテルになってるって見て、ネットで検索して、動画でも見て、ブログも見て。でも、貸し出し品の中に「耳栓」があって、とても不思議でした。なぜ?って。ブログにもちょっと気になる単語「外国の方」。んんー?

わたしの泊まる部屋は2階だったので、分かりやすかったです。2階はラウンジも兼ねていて、キッチンやテーブル席もありました。

備品もテーブルも北斗星の時に使ってたものだそうで、たぶん主人が見たら興奮したんだろうなと思いました。写真の四角いものは、寝台列車の時の通路にあった、補助席みたいな壁に仕舞える席です。

部屋に入ってすぐのベットでした。

2段ベットの上段にもちゃんと布団がセットしてあって、使えましたが予約したのは下段。

入ってすぐの窓際のベットだったので、カーテンは窓にかかっていて、外からは見えませんし、ベットを紫外線から守りたいからという理由で、ずっと閉めてあるそうです。

同室の方がおられるようで、わたしのベットと背中合わせになってるベットは先客があって、荷物がもうありました。季節柄か、空気清浄機がフル回転。また、貴重品管理は自分でという事で、鍵付きの白いロッカーがそれぞれのベットに1つ用意してあって、寝る時も部屋から離れる時もそこへ入れて鍵閉めてました。

トレインホステル の真下にはJRの馬喰町駅があります。カーテン開けたら見えます。

わたしは使い捨てのスリッパを購入して、部屋着は300円で借りました。わたしの予約したコースにはバスタオル付きだったので、ありがたく使わせて頂きました。

さて、ここまでお昼抜きでホテルまで移動してきてので、お腹はぺこぺこでした(笑)近くにはコンビニもあるので、最悪コンビニ弁当買ってラウンジで食べてもいいかなーと思ってたんですが、ちょっと元気があったので近くをぐるっと回ってみました。すると、美味しそうなハンバーグ屋さんがありました。「ハンバーグ&とんかつの三福亭」さんです。

とりあえず、ビールをいただきまして…。

トマトのサラダをいただきました。とにかく野菜が食べたかった!想像していたのは、家でも食べるトマトを8等分くらいにカットして出てくるのかなーって思ってましたが、写真のようなトマトのサラダを見て「当たりのお店だったのかも!」と嬉しく思いました。そして、トマトの下にはキャベツの千切り。甘くて瑞々しくて美味しかったです。

ハンバーグ定食。ハンバーグは小さめを選びました。一つ一つ丁寧に作られてるんだなと分かる、手作り感。美味しかったです(〃ω〃)お店の方が1人で接客・調理をされてたので、ゆったり待つ感じでしたが、かえってよかったと思います。わたしの他に、サラリーマンさんが1人で続けて入店されたり。食べ終わったら、お店の方が入り口まで見送ってくれました。また来る時あったら来たいな、今度はとんかつ!

お腹を満たしたら今度はシャワー!ひたすら歩いたので、早く汗を流したい!横になりたい!

ランドリーコーナーを通り抜けて、奥に女性用のシャワー室がありました。洗面台とシャワー室がそれぞれ5つずつ。洗面台は新品同様で、ピカピカでびっくりしました。家で使ってるドライヤーとほぼ同じ形のドライヤーもあって、安心しました。

ボディソープ、シャンプー、リンスが用意してありました。足元には服等を入れるカゴもありました。中から鍵もかけられたので、安心して使うことが出来ました。

わたしが借りた部屋着は、サイトにもあったけれど薄めでしたが、ヒートテックまで着なくても半袖のシャツを中に着て寝ても大丈夫でした。足は靴下を履いて寝たので、気になりませんでした。

枕もふかふかで、掛け布団もちょうどよくて寝やすかったです。寝る直前、同部屋の方が帰ってきました。

「Hello!」

…青い髪の方!外国の方だったのね(O_O)慌てちゃって、「コンニチワ」って返事してしまいました。

シャワーを浴びる時に2階から6階へエレベーターで移動したんですが、その時エレベーターで一緒になった女性がいました。その方と軽く会話をしました。あ、日本の方だと安心したのと同時に、びっくりしたのが「誕生日だから、1円で泊まるねん(関西から来られたみたい)」驚いたけど、とりあえず、おめでとうございます!と伝えて別れました。

それからシャワーを浴びた後も、別の女性と一緒になりました。とはいえ、目も合わないし話もしなかったです。たぶんですけど、この女性も同部屋に外国の方がおられてて、わたしのことも外国の方と思ったのかなーって。顔見てくれたらバリバリ日本人って分かったと思うんですけど(笑)その反応、分からなくもない。

なぜなら、2階のラウンジには外国の方々が集まって話してたからー。これで耳栓が必要なのか!と思った。英語が主に使われてたみたいだけど、英語以外も同部屋の女性が話してたりして、多国籍な感じでした。英語以外の言葉だったから余計に、同部屋の方とは接触しようという気が起きず…。0時前には寝てしまいました。でも、同部屋の方は7時30分のチェックアウト開始よりも先に出発されたので、青い髪の方ともう1人の方はどんな方かは分からずじまいでした。

24日の朝、朝食は23日に行く予定で行けなかった「神保町」へ行ってモーニングを食べよう!と決めたので、いそいそと身支度を整えて出発。朝のラッシュの時間帯だったので、荷物を抱えての移動は大変でした。続きます。

~純毛の毛糸のことならお任せください~
きそ毛糸店 木曜日定休日
広島県尾道市土堂1丁目7-9
TEL & FAX 0848-22-2429

Twitter でフォロー

 - 思い出, 楽しいこと, 番外編 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。