きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

当たり前にしてることは、実は…ってことがある

   

こんにちは。尾道の本町センター街のきそ毛糸店の
見習い店員の理恵子です。
昨日、昼寝をし過ぎた下の子は、一旦おやすみと上がったのに、
眠れん!!と降りてきて、2時まで起きてました・・・
今夜はちゃんと寝てくれないと、25日の登校日が心配です(´Д`)

お盆休みの前に家族で遠出をしていたのは、ご存知かと思います→その1
その2

兵庫県から鳥取を通過して帰る途中に鳥取市内のお店で夕飯を食べました。
遅めの時間だったので、もう居酒屋風のお店が多かったのですが、
たまたま息子たちも食べられそうなお店があったので入りました。
主人はカレー系が好きでよく食べます。
今回もカレーそばを食べてました。
その時、いつも自宅でするように、やっちゃったんです。
味見をしないで七味をかけるってこと。
それを見ていたお店の方、60代の女性でした。
私の母よりももう少し年上な感じの、お店の方でした。

「まだ、食べておられませんよね?なのに辛みを足すのは、
作った者に対して失礼です。味に自信を持っておりますから。
おやめください。」

一瞬、他のお客さんも私たちもピシッと固くなりましたが、
私の方から「家でやってることが出てしまって申し訳ない」と
謝りました。プラス、「家でも注意してるんですけど、
癖になってしまって」と説明したら、ハッと我に返るというか(笑)
逆に謝られてしまいました(^^;
こちらがいけないので、叱って頂いて有り難かったですって伝えました。

その時は、主人やっちゃったなーって思ったんですが、
ハッ!!そういえば私もやっちまったことあるじゃん!!
思い出しました。

コナンも好きです

コナンも好きです

 

私はコーヒーでやっちまってました。
自信をもって丁寧に1杯ずつ淹れてもらったブラックコーヒー。
当たり前のように、砂糖とミルクと足して飲んで・・・
ブラックの味も、豆の甘さも感じんれんじゃろう?と
マスターを呆れさせた経験が・・・。

主人の時は息子たちと一緒だったので、お店の方は平謝りされました。
「お父さんの威厳を損ねるようなことをしてしまって」
って。
でも、息子たちにもちゃんとお店の方の言い分は正しいことを話せたし、
主人の何がよくなかったかも話せたので叱ってもらってよかったと、
今でも思っています。

その帰り道、夕飯を食べるために入ったお店での出来事が印象的だったので、
ブログに書こうと思いました。
大人になって叱られることって減って来ると思います。
しかも見ず知らずの人から。
そして、叱ってもらえる有り難さを感じました。
みなさんならどう感じますか?

どんなお店でもどんな商品でも、自分が当たり前って思ってることが
本当の当たり前ではないことがある。

ちゃんと叱ってもらえるお店に入れてよかったと思ってます。
Twitterもしています♪→@itoko420

instagramもしています♪家族が鉄ちゃんなので、

毛糸&鉄&毛糸です→@itoko420

フォローしてみてくださいヽ(^。^)ノ

Twitter でフォロー

 - ブログ, 思い出, 番外編, 見習い店員

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。