きそ毛糸店の店員理恵子のブログ〜店員になっちゃった!~

見習い店員から店員へ。一番初心者さんに身近な存在でいたい店員のブログです('◇')ゞ

お店に入って見て用が出来てもいいじゃない

   

こんばんは。
尾道の本町センター街のきそ毛糸店の
見習い店員の理恵子です。

夏の間、扇風機でやり過ごしてたお店の暑さも、
やっと、やっと、やっと、やっと(しつこい)、
なんとも感じなくなって、めちゃめちゃ嬉しいですっ\(^o^)/
お店の座椅子の1つには、まだ円座カバーがかかってないので
その1つを完成させるためにチマチマ編んでます♪

何かしらの理由でお店に残ってたはんぱ糸を使って、
細編みで編んでいます。
店番をしながらなので、どちらかがおろそかになってる可能性は・・・
高いですが、黙々と作業をする時間があるのって大切。
たまにSNSで「昔の糸がたくさん出てきた!もったいないけど、
邪魔だから捨てた!!スッキリ!!」
って見かけるんですが、スッキリする気持ちもすごく分かる!!

ご年配のお客様の中でも、余った糸があるんだけど何か出来ないか・・・
と来店される事があります(‘◇’)ゞ
今流行の、編みぐるみのツムツムを編むんだ(#^.^#)と、
嬉しそうに話されていました。
うちにはどんな糸があるか知ってるお客様は、
迷わず来て下さる。
でも、何を扱ってるか分からないお客様の方が断然多い。
断然多いお客様は、若いお客様だったり初めて編み物をされる
方が非常に多いわけです。

本の通りに編めないと自信がない、私みたいな人も( ̄▽ ̄)

でも、編み物をされる人数は減ってきていて、
手芸と編み物と境目がなくなってきているのも事実。

ネットで買い物をすることに慣れた方、百貨店でお買物をするのに
慣れた方、多くなってきました。
もちろん、「何があるかな」ってザッと見ないと買えないですよね。
両方とも。
初めて入ったお店で、ザッと見ないで買えるなんて、
そんな勇気ある人って太っ腹!!

でも、その買い方に慣れてない昔ながらの商店さんは
まだたくさんあります。
うちも含めて。
今までのお客様の買い物の仕方が、当たり前と思い込んでる。
じゃあ、どうやって初めて入ったお店の品物を知ればいいの。
「用がない人は入ってこなくていい」
みたいなことを言ってる古い人間。
うちの父みたいな人もいる事も知って欲しい。

しっかりお店の中の商品を見てもらわないと、
知ってもらえないんだよ。

・・・と、先日の両親とのドライブの時に討論したわけです。

「ちょっと見せて下さい」って挨拶してるんだから、
見せてあげてもいいじゃん。
見ないと分からんじゃん。

ネット通販はしておりませんが、頑固な両親が毛糸を扱ってます。
時々毛糸の写真を載せて、店内の糸を紹介します。
お探しの糸とビンゴ!!しましたら、尾道までお越しください(‘◇’)ゞ
首を長くして、お待ちしております♪

きそ毛糸店のFacebookページはこちらです(‘◇’)ゞ

Twitterもしています♪→@itoko420

instagramもしています♪家族が鉄ちゃんなので、

毛糸&鉄&毛糸です→@itoko420

フォローしてみてくださいヽ(^。^)ノ

Twitter でフォロー

 - お店のこと, ブログ, 商店街, 番外編, 見習い店員 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。